リボ払いをした結果

仕事を辞めて、フリーで営業をする際に固定収入がなくカードばかり使っていました。最初は貯金があったので一括返済出来ていたのですが、段々返済に追われるようになりました。

そこで知ったのがリボ払いです。月に1万円のリボ払いしながら相変わらずカードでの支払いをしているうちに、ショッピング利用額の上限まで来てしまいました。

その頃にはリボ払いの額を3万円にあげて返済できるようになったのですが、仕事が忙しく給料振込と異なる銀行での支払いにしていたこともあり、時々引き落とし日に間に合わなくなりました。

結果、カード会社から強制解約通知がきました。

強制解約されたあとも残金を支払い、ようやく今年に完済。お金に困っている時はリボ払いは救世主に感じ、15%の利息も払えればいいやと楽観視していました。

しかし、強制解約され、お金の大切さを知った今、利息はすごくもったいないことだとようやく気付きました。

現在クレジットカードを作りたくても作れません。カードがあると便利なことも多々ありますが、自分で失った信用を取り戻すために今はお金の管理をしっかりしています。

高い授業料になりましたが、この経験を生かして無理なくお金を使いたいと思います。

リボ払いは手軽で困ったときには便利ですが、借金をするにしても「ご利用は計画的に」このフレーズは本当です。

社会での信用をなくすことになりますので、気をつけてほしいと思います。

このページの先頭へ